2017年12月13日

真澄携帯小説3067話

大学生が主宰するパーティーは誰もが参加することができた。
浮くかなと思ったがサラリーマン風の人達も結構いた。
なかなかの人の入りである、イベントとしては成功しているのだろう。
次郎はとりあえず、コロナを注文して、イベントの様子をみるのであった。
するとVIPルームに、イベントの主催者だろう軍団があった。
その中でみんなが代表と呼んでいるのが、彩月と会っている大学生の可能性が高い。
次郎は何とかしてその大学生と接触することにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

真澄携帯小説3066話

次郎の嫉妬は日に日にまして行くのであった。
相変わらず、次郎と彩月の関係は変わらなかった。 一緒に、泊まりの旅行にもいった、でも一線はこえていなかった。
もし、酔って寝てないとこえていたかもしれない、というかこえていただろう。
しかし、彩月と大学生はその一線をこえている可能性は高い。
それを考えるといてもたってもいられなくなった。 次郎は大学生が主宰するパーティーに参加することにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

真澄携帯小説3065話

マッサージ屋さんを出て喫茶店に行く。
スマホを見たということは言えない。
それを言ってしまうと、全てが終わってしまいそうだからだ。
彩月に聞く。
「旦那さんか、オレがどっちが好き?」
「うーん。それは決めれないなあ。だってタイプが違うもん」
決めれないのではない。 自分でもない、旦那でもない、大学生のことが好きなんだろう。
次郎は心の中でそう思うのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

真澄携帯小説3064

彩月と男のやり取りを見ていると男は大学生のようである。
イベントサークルのようなものを主宰しているらしい。
「今度、うちの主催のイベントに遊びにきてよ、みんな喜ぶよ」
「もうそんな若い場所におばさんが行ったら浮くよ」 「まったく浮かないし」
こんなやり取りがあった。
相手は大学生なんだ。
彩月は年下が好きなのか。
そんな彩月はスマホを見られているとも知らずにマッサージをしてもらっているのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

真澄携帯小説3063

彩月のスマホを見る。
シークレットに入っている自分とのメールの横に、男のメールがあった。
メールを読んでいく。
明らかにデートをしている。
そして男の家にいっているのである。
「うちにくる時に、コンビニで、何か炭酸のジュース買ってきて、彩月のセンスにまかすよ」
「私、センスないよ」
こんなやり取りをしているのである。
彼氏がいる女性が、旦那がいる女性が、男の家に行く、彩月はいったいどういうつもりなのか、次郎はいてもたってもいられなくなった。
続く
posted by サバンナ八木 at 10:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

真澄携帯小説3062

マッサージ店に電話するとちょうど今空きがあるようで二人同時にマッサージして貰えることになった。 「荷物一緒に預けておくね」
次郎は彩月の荷物を預かった。
そして個室に入り足つぼをしてもらいながら、彩月の携帯にさわる。
どうしても、あの男との関係をしりたいのだ。
誕生日でロックはとけた。
旦那とのメールが並ぶ。 想像していたような内容で驚きがない。
普段は見れないようになっているメールを表示させる。
次郎からするとお手のものである。
自分とのやり取りのメールがあった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

真澄携帯小説3061

彩月が、どうやらその男と連絡をとっているらしいのだ。
それは何となくの勘でしかないのだが。
毎日メールしていたのが、ちょっと冷めている感じがするのだ。
一週間ぶりにお茶をすることになった。
そこで次郎はダメだと思うが携帯を見ることにした。
一緒にマッサージをしき、荷物を預けたふりをして、携帯を見るという作戦にでることにした。
「最近ちょっと疲れがたまっていて、マッサージいこうよ。もちろん俺のおごりで」
「いいね。私もこっていたんだ」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

真澄携帯小説3060

二人の熱海旅行は終わった。
また何事もなく日常に戻るのであった。
ただ連絡は毎日とりあっていた。
「今日、久々にナンパされちゃったの」
「そうなん。どこで?」
「近所のコンビニ」
「どんな感じの男?」
「めっちゃカッコいいねん」
「それでどうなったの?」 「ラインだけでもっていうから交換しちゃった」
「なんなんそれ」
「彼氏いるって、いや旦那いるって言わなかったの?」
「うん」
「連絡とったからあかんで」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

真澄携帯小説3059

次郎はベットに戻る。
一瞬目を閉じたかなと思って目をあけると外が明るかった。
時計を見ると8時だった。
隣のベットを見ると彩月はもう化粧をして、髪の毛も整っていた。
寝てしまっていたのである。
シャワーに入っている彩月までは覚えているのだが、そこから記憶がないのである。
シャワーに入る彩月の姿はしっかり覚えている。
後ろ姿であったけど、透明のガラスだったので、しっかり覚えているのだ。
二人は朝食も食べずにホテルを出るのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

真澄携帯小説3058

洗面台で歯を磨く。
どんな酔っていても歯を磨くのは体にしみついてるのだろう。
買っておいた水を飲む。 ベットはツインだった。 海側の方のベットに入る。
彩月は、汗をかいたからさっとシャワーに入るねとシャワーにいった。
こうやって、泊まりで旅行にくるのはなかなか難しいんだろうと寂しさを感じる。
シャワーに入っている彩月を見に行った。
「大丈夫?」
「結構酔ったかも」
シャワーに入る彩月は向こうを見ながら言った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする