2019年02月19日

真澄携帯小説3503

打ち上げから三日後にプロデューサーから電話があった。
電話の声で焦っている様子がわかる。
もともと新番組のメインの芸人さんが、ブッキングできないというのだ。
原因は初歩的な裏かぶり。
同じ時間帯に、違う局で出るのを裏かぶりといい、暗黙の了解で出ることができないのだ。
かといって、予定していた放送時間を代えることはできない。
プロデューサーは言った。
ユイカ、メインでいこうか。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

真澄携帯小説3502

リハーサルが終わり、食事会に行くことになった。 スタッフさんと、僕とユイカでスタッフさんが予約してくれた店に行く。
プロデューサーが乾杯の発声をしてくださった。
最初は緊張した感じがあったが酒が入りしだいにうちとけてきた。
デレクターはけっこう酔っていた。
この番組を北海道から全国に持っていきたいんです。
そしてユイカを全国区のタレントにしたいんです。 そう酔いながら語ってくれた。
ユイカはできる限り頑張りますと返した。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

真澄携帯小説3501

デレクターの人から説明を受ける。
このデレクターはまだ若く、今までADをしておりデレクターとして初めて番組を持つのだそうだ。
デビュー戦ということで気合いが入っていた。
台本を見ながら、デレクターがタレントの代役をやってくれて、本読みをすることになった。
ユイカは、進行する。
デレクターが、発掘北海道。
ユイカは、この番組は北海道のまだ知られざる魅力を探っていく番組です。
練習でもどこまでも緊張するのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

真澄携帯小説3500

ユイカに受かったことを報告する。
ユイカは僕以上にオーデションに受かったことが信じられないようだ。
テレビ局に打ち合わせに行く。
会議室に通され、そこにはバーで知り合ったプロデューサー、デレクターなどスタッフが座っていた。
お互いに紹介をすませ、デレクターから台本を渡された。
もう番組の内容はほとんど決まっていた。
台本を見てユイカは不安に教われた。
ほとんどの進行が自分になっているのだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

真澄携帯小説3499

事務所の物件もいつかは借りたいなと、不動産サイトを見る。
やはり事務所のスペースをしっかりかまえないといけないなと思う。
札幌市内となるとそれなりの値段がした。
その時に一本の電話がかかってきた。
電話に出る。
サッポロテレビです。
オーデション受かりました。
一瞬の間があり、それを受けとめ、ありがとうございますと返した。
これからのこともありますし、改めてもう一度打ち合わせさせてください。
承知しました。
スマホを切り思わず叫んだ。
やったー。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

真澄携帯小説3498

オーデションが終わり、ユイカとテレビ局を出て握手をした。
良かった。
僕はそういうとユイカは、凄く緊張して、あんまり覚えてないんですけどと言った。
ユイカを家まで送り一人飲みに行くことにした。
テレビ局の人と引き合わせてくれたバーにである。 余市のソーダ割りを飲みながら、マスターに報告した。
今日オーデションだったんですが凄く良かったです。
シングルモルトの香りがなんとも心地よかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

真澄携帯小説3497

自己紹介でうけた。
スタッフはさらに質問をする。
何か特技はありますか? ユイカは、少し間があり言った。
怖いことを可愛くいいことができます。
車上荒らし♪♪
これもスタッフは大爆笑だった。
ドアの隙間からユイカがこんなことができるんだと、驚きとそして嬉しさが込み上げてきた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

真澄携帯小説3496

番組のオーデション、それをマネージャーとして受けさせるのも初めてであった。
番組のスタッフが長机に座る。
そこで一分間で自己紹介をしてみてと言われる。
ユイカは、ほとんど人前で話したことがないのに、初めましてユイカと言います。
まだこの業界に入って、二週間です。
今のマネージャーにスカウトされたんですが、このオーデションがあるまでただのナンパだと思っていました。
ウケた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

真澄携帯小説3495

アシスタントのオーデションの日程を教えて貰った。
東京の事務所にも連絡を入れているので、東京のタレントもオーデションを受けにくる。
ただ制作部としてはなるべく北海道に縁のあるタレントを使いたいというのがあった。
北海道出身で東京で活躍しているタレント、北海道中心で活動しているタレント、アナウンサー、その中にユイカもまじりオーデションを受けることになった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

真澄携帯小説3494

制作部にある会議室に通される。
見たことのある番組の資料が沢山おかれている。
こうやって番組がつくられてるんだと興味深くみる。
会議室に通され、企画書を見せられた。
今度新しくバラエティー番組を立ち上げることになったんです。
良かったらその番組のオーデションを受けてみませんか。
アナウンサーはおかずに芸人とアシスタントという組合せになる。
そのアシスタントのオーデションを受けてみたらという提案をしてもらった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする