2017年02月22日

真澄携帯小説2772話

ユリが二階の休憩スペースに行くと、安川はすでにコーヒーを飲んでいた。
「今日どうする?」
「探そっか」
こうして夕方過ぎからその日泊まる宿を探すのがおきまりであった。
旅とは非日常を味わいに行くものだがあてもなく旅をしているとそれが日常になる。
日々宿をかえて旅をする。
これが二人にとっての日常になっていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

真澄携帯小説2771話

ユリは髪の毛を束ね、温泉に入ることにした。
髪の毛を洗っていると、集合時間に間に合わないから。
そしてメイクもそのまま。
髪の毛もメイクも寝る前でいいっか。
というか今日はどこに泊まるのだろう。
行き当たりバッタリの旅、安川の言うままについてきている。
いつまでこの生活をつづけるのだろう。
それを聞くと全てが終わってしまいそうでこわかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

真澄携帯小説2770話

城崎温泉は外湯が有名である。
宿に泊まらないでも温泉に入ることができる。
そんな外湯が七つもあるのだ。
前に来たときにけっこう回ったので、今回は一の湯だけにしておくことにした。
いつも一緒だが、お風呂の時だけは別である。
「今から60分後に集合で」 「わたしそこまでかからないよ」
「上のソファーの所に集合な」
「はーい」
同じ温泉で別の湯船、あまりに小さい別れである。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

真澄携帯小説2769話

その空気を打破したい。 安川はすぐに別の話に切り替える。
「イカって透き通っている新鮮なのも美味しいけど、ちょっとねかして白くなった方が甘味がでて美味しいみたいだよ」
ユリの前におかれているイカ丼は、透き通った新鮮なイカであった。
今から透き通っているイカを食べる人に言う言葉ではない。
「こんな新鮮なの食べれて嬉しいわ」
歪んだ空気は何とか平常に戻ったようだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

真澄携帯小説2768話

ユリはイカ丼を食べる。 安川はユリのイカ丼をのぞく。
「人の物ってやっぱり美味しく見えるの?」
ユリはよく僕のことをわかっている。
僕もなぜそんなことを言ったのかわからないけど思わず
「じゃあユリも人の物になったらもっと綺麗に見えるのかな」
一瞬二人の間に、今まで見たこともない空気が流れた。
空気だから見えるわけではないのだが、明らかに今までとは違った空気が流れたのだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

真澄携帯小説2767話

どうしても初めて来た時は海鮮丼を食べてしまう。 それを数回繰り返すと、他のも食べてみようとなる。
そこで揚げ物定食なのだ。
刺身で食べれる新鮮な魚を揚げて食べるのである。 何とも贅沢である。
揚げ物定食をいただく。 天つゆもあるが、ここは塩だろう、塩をパラッとふりいただく。
白身の方がはっきり味の違いがでるかなと、サヨリをいただく。
ホクホクである。
白身の上品な旨味が口の中に広がる、それを塩がさらに拡散させていく。
刺身でいただくより旨味が出ている。
安川は思わずにやけてしまった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

真澄携帯小説2766話

城崎温泉について、ご飯を食べることにした。
店先で魚を売っており、その魚を二階で食べれるようになっていた。
レギュラーメニュー、海鮮丼、魚の揚げ物セット、刺身定食、イカ丼、ウニイカ丼などがあった。
これだけメニューがあると本当に迷ってしまう。
前までは海鮮丼を食べることが多かった。
甘エビとイクラの相性が本当にいい。
ここは揚げ物定食にしとくか。
ユリはイカ丼を注文した。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

真澄携帯小説2765話

円山川から城崎温泉に行く。
円山川沿いにも旅館がいくつか並んでいる。
ここは城崎温泉なんだ。 あっという間に到着した。
観光客の人達がお土産屋さんで買い物をしていた。 あの人は、これから泊まる人だろうか、泊まった後の人なのだろうか、そんなことを想像する。
ワクワクしている表情か、ああ楽しかったと思っている表情なのか、その人がもともとどういう表情をしているのか知らないのでとても難しい想像であった。 そして何より、本人に今日から泊まりですか?帰りですか?と聞くわけにはいかないので答えがない想像であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

真澄携帯小説2764話

ラムサール条約とは湿地の保存に関する国際条約のようだ。
水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守るために1975年に発効されたみたいだ。
前に円山川を見た時に、情緒というか、自然を感じたのはそういうことだったのか。
湿地は水鳥からすると、安定して食糧を確保できる願ってもない場所なのだろう。
しかし人間からすると埋め立てたり都合よくいじれる場所なのだろう。
コウノトリが足の傷を癒していることから発見された鴻の湯がある城崎温泉近くを流れる円山川を安川とユリは眺めるのであった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

真澄携帯小説2763話

久美浜湾から南下して、城崎温泉に向かう。
城崎温泉は前にも来たことがあった。
あまりに良かったのでもう一度行こうということになった。
178号線を進み、豊岡に向かう。
そしてそこから円山川を沿いに車を走らせる。
円山川の水が海に向かうのと同じ方向に車も海に向かう。
円山川下流はラムサール条約に登録されているみたいだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする