2017年04月24日

真澄携帯小説2833話

一番上の階にカフェがあった。
ちょっと薄暗いなんともオシャレなカフェである。 カウンターにはお酒のボトルが置いてある。
夜はお酒を飲めるようになっていた。
ガラスのショーケースには色とりどりのケーキが並んでいる。
奥の席を見て、驚いた。 席が畳になっているのである。
そこでお盆の上にカップを置いてお茶をする作りになっていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

真澄携帯小説2832話

雑貨の店をいろいろまわってユリは楽しそうだった。
まわった結果、買ったのは耳掻きだけだった。
しかも安川のである。
前から、安川は極細の耳掻きが欲しいと言っていた。
それをユリは覚えてくれていたのである。
早速、安川は極細耳掻きを使ってみる。
普通ならつっかえる、その奥まで届いてくれた。
安川はテンションが上がっている。
上の方にもカフェがあるので行くことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

真澄携帯小説2831話

雑貨をゆっくり見る。
これは贅沢な時間である。
買い物、トイレットペーパーや洗剤など生活必需品を買う時って、いそいでいることが多い。
最短距離で買い物をして短時間で終わらせる、そしてレジ前に置いてある甘いものぐらいが唯一の遊びの部分だったりする。
今日はゆっくりと雑貨を見ることができる。
絶対にいるわけでないけど欲しいもの、それをゆっくりと見るのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

真澄携帯小説2830話

赤レンガ倉庫に近づいていく。
赤レンガ倉庫は中がショップになっていた。
赤レンガの前で写真をとる人、ショップに行く人でにぎわっていた。
ただゴミゴミした感じではなく、赤レンガのまわりはゆっくりと時間が流れているような気がした。
赤レンガの中に入ってみる。
飲食店や専門店が沢山入っていた。
ユリを見ると目を輝かせていた。
女性が好きそうな雑貨屋さんも沢山入っていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

真澄携帯小説2829話

みなとみらいの観覧車から、赤レンガに向かうことにした。
赤レンガ倉庫は明治から大正に作られたレンガ作りの倉庫である。
全国にいろんな赤レンガ倉庫が残っているが、この横浜の赤レンガはその中でも有名のようだ。
10分ぐらい歩いただろうか、その名の通り赤レンガが現れた。
思っていた以上に大きく美しい建物だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

真澄携帯小説2828話

カラオケを楽しみ、温泉に入り熱海を後にする。
そこから北に向かう。
二時間ぐらい車で走っただろうか、横浜に到着した。
向かうのは、みなとみらいである。
みなとみらいに到着すると、その街の美しさに目をうばわれた。
観覧車があり、三日月の形をしたホテルがたっている。
そして青い光をしている桟橋がある。
見か感じ神戸のモザイク辺りにも似た感じがするがまた違う。
こんな場所があったんだ。
みなとみらいの景色に圧倒されるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

真澄携帯小説2827話

ゲームセンターで遊んだあとはカラオケである。
カラオケの部屋がいくつかあり、予約すれば二時間無料で使えるのである。
なかなか普段カラオケに行くことがないのでカラオケをすることにした。
旅館のカラオケボックス、浴衣で歌うというのが味があっていい。
考えてみればユリとカラオケに行ったことがなかった。
二人でカラオケというのもちょっと照れるが予約することにした。
ラッキーなことにすぐに使えるそうだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

真澄携帯小説2826話

大当たりをひいた。
しかも3の亀、確変図柄である。
16ラウンド続いたあとにまた時短中に大当たりがすぐにくる。
結局3連チャンした。
カプセルが3つ出てきた。
カプセルを開けてみる。 まずはゴムのスーパーカーであった。
続いて開ける。
プラスチックのキラキラとした髪どめが入っていた。
最後の一つを開ける。
プラスチックの何かの線路が入っていた。
見事に安川はゲームセンターのパチンコで賞品をゲットすることができた。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

真澄携帯小説2825話

パチンコの台に座る。
海物語であった。
ゲームセンターだけによくまわる。
安川は海物語が好きだった。
その分かりやすさが気に入っていた。
魚群リーチがくれば当たりやすい、そしてノーマルリーチでも結構当たるというのが好きだった。
15回ぐらい回した所で魚群が現れた。
そして亀でリーチがかかる。
最後の亀がゆっくりと一列に止まろうとする。
通りすぎた、だめだったか、くるっと一周して一列に揃った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

真澄携帯小説2824話

安川はまずスロットをする。
北斗の拳のスロットをする。
100円を投入する。
回してみると、どうやら低確率のようだ。
ここから高確率ゾーンに入れたり、飛び込みでビッグをひくのはかなりの作業である。
あっという間にクレジットがなくなる。
これはあくまでもゲームセンターのスロットである。
取り戻すことはできない。
スロットは不利だと思いパチンコの台に変わることにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする