2017年03月30日

真澄携帯小説2808話

浜松城は出世城と呼ばれてるそうだ。
徳川家康はもちろん、数々の城主が幕府の重役になったそうだ。
水野忠邦も浜松城を経験して老中になったそうだ。 そういうのを聞くと、何か自分も出世できるんじゃないかという気持ちになった。
浜松城をあとにして、そこから歩いて15分ぐらいの所のスーパー銭湯に行くことにした。
お城から駅とは逆に歩くのだ。
そして左に曲がり坂を登るとその丘にはスーパー銭湯があった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

真澄携帯小説2807話

このリスが住む公園から浜松城の天守閣を見ることができた。
この浜松城は曳馬城に徳川家康が入城し浜松城と改称したそうだ。
1570年の話なので450年ぐらい前の話になる。
石垣を見てみると、切られた石ではなく、ごろっとした石が積み上げられている。
これは野面積みていう積み方のようだ。
天守閣の麓で、安川とユリは街並みを眺める。
450年前、徳川家康も同じ景色を見ていたんだろうと想像しながら眺めるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

真澄携帯小説2806話

一匹のリスを見つけると、その周りに沢山のリスがよってきた。
この人達はこっちに悪いことをするタイプではないのだとリス達感じたのだろう。
葉っぱや幹に隠れていたリスがいっせいに集まってきた。
リス達の足の裏はどうなっているのだろうというぐらい、木での身のこなしが軽い。
この浜松城の公園の木にリスが沢山住んでいるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

真澄携帯小説2805話

木をずっと見ている。
今度は上から下に影が動いた。
影が動く先に、先回りして目線を配る。
そこには可愛いクリクリの目をしたリスがいた。
よくアニメに出てくるリス、まさにあれである。
あのリスは誇張して書かれたリスでなくて、リアルにこんな感じなんだと納得した。
尻尾が真ん丸で可愛らしかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

真澄携帯小説2804話

木を見つめる。
「何か丸いの動いたよ」
「ほんとう?」
「何かフワフワの丸いのが葉っぱに隠れたよ」
ユリはそう言う。
長い旅をしてきて、車で走っている時に、野生の動物を見つけるのが上手なのはユリだった。
イタチが道を素早く走るのを見つけたり、木の横でじっとしているタヌキを見つけたり、暗闇で目だけが光る鹿を見つけたこともあった。
そんなユリが言うので信頼性があった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

真澄携帯小説2803話

小さな影を追うように見る。
何かが動いたようだ。
安川が気になり出したのを見て、ユリも木を見る。 「何かいるの?」
「何かいそうやな。何か動いてん」
そう言った瞬間、次は上に気配を感じた。
何かが動いた、そこにはもう何もいない、しかし葉っぱは揺れている。
何者かが揺らしたのだろう。
この木には何者かがいるのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

真澄携帯小説第2802話

浜松城の横に大きな芝生の公園があった。
もともとは浜松城の一部だったのだろうか、芝生が敷き詰められていて、そこから天守閣を見ることができた。
家族連れがそこでお弁当を食べたりしている。
もっと人が集まってもおかしくないのだがそれほど人がいない。
そして観光客もほとんどいない。
プライベート芝生のように満喫することができた。 そして公園にある樹木を見た。
そこに小さな動く気配を感じた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

真澄携帯小説第2801話

浜松駅の前を散策する。 新しいビルが沢山たっている。
しかし広場などがあり、ものすごく住みやすそうである。
駅前から歩いていく。
飲み屋街が人でにぎわっている。
しかしごちゃついているわけではない。
この街はちょうどいいバランスがとれているんだなと安川は感じた。
そのまま歩く。
浜松城が見えてきた。
道を渡るのも地下通路がある。
とても便利である。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

真澄携帯小説第2800話

きしめんを食べ名古屋を後にする。
滞在時間は二時間ぐらいだった。
ただ美味しさはまだまだ引きずるのだった。
そこから東京方面に車を進める。
そして途中に寄りたい街があった。
それは浜松だった。
浜松はとても街並みがきれいというのをスナック能登半島のお客さんが言っていたのを思い出したのだ。 名古屋から浜松、きしめんを食べお腹がいっぱいのまま、あっという間に到着した。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

真澄携帯小説第2799話

きしめんを食べて正解だった。
今まで食べたどの、きしめんより、平べったい麺だった。
平べったいのだが、麺が薄くてコシがあるので、決して重くない、ごてっとならないのである。
スルスルと入ってくる。 しかも平べったい。
美味しいダシをしっかり絡ませて入ってくるのである。
これが、きしめんの魅力なのか。
大満足で店を後にするのであった。
本当に美味しいものは、食べる前の見た目、食べている時、食べ終わった後、そして店を出たあとも美味しさを引っ張るんだと思った。
そしてまた思い出す。そして店に来て再会。
このきしめんはそんな美味しさだった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする