2017年10月17日

真澄携帯小説3009話

谷本さんの旅行理論が続く。
「何度も行ってる場所に行くからゆっくりできるというのありますね。何をしに行くわけでもないんですよね。キャンプに行く。キャンプに行くとやることは多いですもんね。熱海のビジネスホテルに行く。あんまりホテルが良すぎるとホテルにいようかとなる。ビジネスホテルだとやっぱり外に出たくなるんですよね。ビーチに行きボーと海を眺める。天気が悪い時は、海沿いにあるファミレスでボーとするんですよね。新聞を何回も読むんですよね。普段読まないコマムまで目を通します。その時にゆっくりしてるなあと実感できるんですよね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

真澄携帯小説3008話

谷本さんが熱海について語る。
「熱海に行き出すと、観光をしない感じがゆっくりできるんですよね。旅行に行くと観光してなんやかんやでゆっくりしてなかったりします。熱海に頻繁に行き出すと、旅行という感じではなくなってきます。別荘のような感じですよね。ただ別荘となるとかなりハードルが高いですよね。そこでビジネスホテルを利用するんですよね。観光するわけではなく別荘のように熱海でゆっくりする。何とも贅沢ですね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

真澄携帯小説3007話

谷本さんが熱海の魅力にていて語る。
「関西や中部にに住んでいる人が東京に出張する時がありますね、その時に熱海で途中下車するというのいいですね。大坂から東京に出張する。一泊二日の日程である。打ち合わせを終わらせて泊まって帰ってくるスケジュールだ。その時に東京で泊まらず熱海に泊まるのだ。熱海の駅を降りて左に行くとビジネスホテルがある。値段は一年均一である。東京で打ち合わせを終わらせて、熱海のビジネスホテルに泊まる。荷物を置き、コンビニでビールを買い、海を見ながら一人飲む。打ち合わせのストレスが一気に抜けていくんだよ」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

真澄携帯小説3006話

谷本さんが旅行についてさらに語る。
「奇跡の温泉という意味では熱海温泉もそうだろう。自分達の親の世代でいうと新婚旅行といえば熱海だったみたいですね。熱海の一番のポイントはその利便性だろう。東海道新幹線の熱海駅おりてすぐに熱海温泉がありますもんね。ビーチや熱海銀座という中心的な場所で考えても歩いて10分、タクシーで5分といった感じですもんね。さすがに、のぞみは停まらないが、ひかり、は停まるのである。新幹線で行くと45分で到着するのである」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

真澄携帯小説3005話

谷本さんが旅行について語る。
「城崎温泉は外湯が有名だね。七つの外湯がある。外湯巡りができるんだよ。旅館に泊まってる人もあえて外湯を巡る。旅館の浴衣や下駄をはいて外湯を巡る。その人の流れがすごくワクワクする雰囲気をつくるんだよ。そしてカニのシーズン。この外湯があり松葉ガニを食べれる組み合わせって他に見当たらないんだよね。だから城崎温泉は奇跡の場所だと僕は思うんだよ。個人的には、カニのシーズンでない時の城崎温泉が僕は好きなんだけどね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

真澄携帯小説3004話

コウヘイが質問する。
「谷本さんオススメの旅行先はどこですか?」
「西日本で考えると城崎温泉かな。城崎温泉は関西の方はまず行きたいと思う場所だね。兵庫県の豊岡から少し行った日本海の手前にある温泉街なんだよ。城崎温泉は日本で他に例をみない素晴らしい場所なんだよ。温泉街がまずは平らというのがある。温泉街が山にあり傾斜になっているのが多いんだけど平、歩いていて凄く楽なんだよ。そして川沿いに温泉街が広がる。何とも言えない風情がある。そこに日本海の風がふくと、あー旅行に来たという気持ちになれるんだよ」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

真澄携帯小説3003話

谷本さんの旅行理論が続く。
「ビジネスホテルの一階に朝食スペースがある。朝食が終わればそこをフリースペースにしているビジネスホテルは多いんだよ。夜はそこで近所のスーパーでツマミを買ってきて飲むというのもいいね。そこで助かるのがカップラーメン用にポットが置いてある所があるんだよ。そのポットのお湯で焼酎のお湯割りをするんだよ。焼酎のお湯割りがあれば、スルメと蒲鉾だけで充分だもんね。ゆっくり焼酎のお湯割りを呑み、しめはカップラーメン、カレーか普通のかで迷う。そしてさらにしめにアイス、ここは贅沢してハーゲンダッツにしよう。ビジネスホテルフリースペース呑み最高だね」
コウヘイは確かに旨そうと思うのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

真澄携帯小説3002話

谷本さんは旅行について語る。
「何に重きを置くかというのありますね。いいホテルに泊まる時はホテルを満喫するというのもいいかもしれません。ホテルのロビーにある喫茶店、ちょっと高いですが、ゆっくりできますもんね。そこで、珈琲を飲みながら日経新聞を読むのです。もう経済は自分が動かしてる気持ちになれます。実際はこの珈琲700円だけなんですけどね。そして部屋のソファーに腰かけます。景色を眺めましょう。雨で景色が悪い時は雨でも濡れないことに優越感に浸りましょう」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

真澄携帯小説3000話

谷本さんが言う。
「旅行の楽しさってワクワク感なんですよね。ホテルの場合はどんな夕食が出てくるだろうというワクワク感ですよね。待ってる感じですよね。ビジネスホテルは夕食はどこで食べようかと自分で探検ですよね。今はネットがあるからやっぱりネットを見てしまいます。でもやっぱネットだけではわからないんですよね。店の雰囲気とか、そういうのはやっぱり自分で前まで行ってみないとわからないんですよね。何かこの店が好き、そう思わせてくれる店がやっぱり見つかるんですね。そしてちょっとドキドキして店に入る感じ、旅行の醍醐味ですよね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

真澄携帯小説2999話

谷本さん独自の旅行理論が続く。
「プールがあるリゾートホテルもいいですが、ビジネスホテルをうまく利用する方が安くつく場合が多いですね。リゾートホテルはプールもある、ビーチもある、食事もつける、全て揃っていますが値段か多くなります。ビジネスホテルに泊まってビーチで遊んで近くの銭湯に行き、居酒屋で食べる。この方が安くつきますね。あと本人の好みの問題ですよね。部屋にいるのが好きでない人はビジネスホテルプランの方がいい気がしますね」
コウヘイも断然ビジネスホテルプランの方が好きだった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする