2018年12月16日

真澄携帯小説3428

これからどうしよう。
困ったもんだ。
好きな時間に起きてもいいのだが朝の7時半に起きてしまう。
ホテル暮らしが続く。
朝起きて、朝の散歩である。
軽く入ったり、歩いたりを1時間ぐらいをする。 仕上げは公園にある鉄棒である。
自販機で缶コーヒーを買って飲みながらホテルに帰ってくる。
8時半ぐらいから朝食を食べる。
白ご飯、納豆、卵、味噌汁というシンプルな朝ごはんであった。
朝はこれが一番うまいのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

真澄携帯小説3427

生活するために、金を稼ぐ、それ中心の日々だった。
金は稼いでしまった。
そうなると目標を持つのが難しくなってくる。
欲しいものも全て買えてしまう。
そうすると、買う楽しみもなくなってしまう気がした。
前のようにトラブルに出くわす可能性も高い。
これから日々どうやって楽しんでいけばいいのか。 ある意味迷子になってしまったのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

真澄携帯小説3426

まさかの展開に、手元のお金がなくなってしまった。
金塊を保管しているロッカーに戻ることにした。
いちいち戻るのは面倒なので、今回は多目に換金しておくことにした。
一本の金塊が20キロである。
約9000万ぐらいの価値である。
意外に減ることがわかったので、10本ぐらい換金することにした。
そして9億円の現金を手にした。
こうなってくると現金を持つのも大変になってくる。
手元に1000万の束を三つ残して、銀行に預け、カードを持つことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

真澄携帯小説3425

殴ってきた男に事情を聞く。
ギャンブルで借金してしまい、嫁をクラブで働かせていたようだ。
仕方ないとは思いつつも、まさか嫁がホテルに行くとは思わなかったようだ。 嫁も言う。
クラブでママさんの言うことは絶対なのだそうだ。 旦那に悪いとは思いつつも仕方なかったようだ。
さすがに悪いと思ったので借金をかわりに返すことにした。
借金は2000万あるそうだ。
バックにある2000万を夫婦に渡した。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

真澄携帯小説3424

ユカとかなり飲んだ。
そして、そのまま近くのホテルに入った。
入るなり、抱きしめた。 そしてベッドになだれこむ。
そして、キスをした瞬間に、頭に衝撃が走った。
後ろから殴られたのである。
一瞬音がしたので、とっさに頭を動かした。
それで致命傷を貰わずにすんだのだろう。
殴った男にユカは、あなた何をしてるのと言った。 それはお前だと男は言った。
どうやら男はユカの旦那のようだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

真澄携帯小説3423

ママさんが、気を効かせて、二人で飲みなおしてきたらと言ってくれた。
組長も、支払いはやっておくからと、送り出してくれた。
正直、そのこのことがタイプであった。
その女性はユカという名前だった。
乱闘をしたあとに和解して精神が極限状態にあったのだろう。
そこから飲みだして、そしてタイプの女性が現れたのである。
薄暗いバーでユカと飲む。
ハイボールを注文した。 ユカもハイボール。
飲めるようである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

真澄携帯小説3422

高級クラブで接待をうける。
ママさんが、組長の横に座り、場の会話を取り仕切る。
支払いを持つ組長を立てつつ、接待相手の僕を立ててくれていた。
僕の横には、新人の女の子がついた。
最初は場の皆で会話をしていた。
全員が共有できる話やママさんの失敗談などを聞いていた。
次第にお酒が入り、いい感じに隣の新人の女の子と二人での会話になっていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

真澄携帯小説3421

なぜさっきまで戦っていた組に協力を要請されているのか意味がわからなかったが頼まれたら断れない性格である。
了承することにした。
組長はたいそう喜んだ。 とりあえずは今日はめでたい日だということでクラブに連れて行って貰うことになった。
クラブにはいるとそこは高級クラブというのがすぐにわかる高級感のある内装であった。
そして何より女性が綺麗だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

真澄携帯小説3420

組長と飲むことになった。
用意された料理屋さんは、割烹の店だった。
組長のグラスにビールをつぐ。
組長が僕にいう。
あんたは若いのに対したもんだ。
あんたにお願いしたいことがあると組長は僕にお願いをしてきた。
今、街の愚連隊と組が揉めているというのだ。
その手助けをしてほしいというのだ。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

真澄携帯小説3419

組長にいう。
降伏するのか、まだ戦うのか。
組長はその場で降伏を申し入れた。
僕は組長に言った。
こっちも熱くなってやりすぎてしまいました。
良かったら食事でもして和解と親睦会をしませんかと。
組長はやりましょうと言ってくださった。
今まで修羅場を潜ってこられたのだろう。
一人で組事務に乗り込んできた根性を認めてくださったのだろう。
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする