2015年10月05日

真澄携帯小説2268話

ワインバーも徐々にお客さんが増えてきた。
最初一日二人や三人だったのが、一日八人ぐらいまで増えてきた。
八人のお客さんがきてくれるとちょうどいいぐらいの店の雰囲気になった。
八人のお客さんが同時にくるわけではないので、だいたい四人ぐらいのお客さんがいるという感じであった。カウンター八席の店で考えるとちょうど良かった。
店もゆり子とタカシでまわしてるのでその人数がベストともいえた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする