2015年10月17日

真澄携帯小説2280話

なぜ勘違いしてしまったのか、その店の名物が貝だったのである。
そのイメージが頭に残り過ぎて間違ってしまったのだ。
常連さんから会社に電話が入り発覚した。
海のオーナーさんは貝に改名しようかなと冗談で返してくれるぐらい懐の大きな方であった。
情報を正しく伝えるというのは当たり前で、あとは味の表現が難しかった。
ただうまいというのではなく、どううまいか、しかも文字で表現しないといけない、それが難しく、同時にやりがいがあった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする