2015年11月02日

真澄携帯小説2296話

近松にとって大チャンスがやってきた。
近松は自分の将来を決める勝負だと思った。
映画の全てのサントラを任されたのである。
20曲をつくらないといけない。
監督から台本を渡され、細かなイメージを伝えられる。
恋が燃え上がるシーン、戦闘シーン、移動シーン。 そんな場面に合わせて20曲を作曲することになった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする