2015年11月13日

真澄携帯小説2307話

演出家の方が近松に台本を渡す。
ドラマ全12話分の台本を近松は受け取る。
「くれぐれも取り扱いに注意をしてください」
台本の表紙には、赤色で取り扱い注意という文字が書かれていた。
ドラマは半年後の放送である。
いわゆるワンクール、三ヶ月で全12話の放送である。
サントラミュージックとして30曲を作って欲しいということだった。
デレクターから細かな指示が書かれた用紙を受け取る。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする