2015年11月20日

真澄携帯小説2314話

近松はあのホテルで貰う周辺マップが大好きだった。
ネットで調べるほうが情報が多いのかもしれないけど、あのマップで見るのが好きだった。
どこの店が美味しいのか、載せられた小さな写真で判定しなければならない。 これは長年の勘がものをいう。
営業時間や、イチオシメニューなどから、当たりの店を見つけるのだった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする