2015年12月24日

真澄携帯小説2348話

東京から1時間半ぐらいで湘南に到着した。
安川はこれが湘南かと感動した。
前に近松から茅ヶ崎のサザンビーチの写メが送られてきていた。
茅ヶ崎の海の話を聞いていた。
その海に自分もこれたのである。
しかもサーファーを眺めるのでなく、自分がのるのである。
安川は先輩に引き続き海に入る。
海に入るとまだ冷たい。 しかしパドリングというボードにのり手で水をこいでいるとすぐに体が温まってきた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする