2015年12月28日

真澄携帯小説2352話

結局三時間ぐらい海にいたが、サーフボードに立つことはできなかった。
しかし充分楽しむことができた。
東京に転勤になって、平日は朝の六時過ぎに起きる。
用意をして朝ごはんを食べて七時前にマンションを出る。
帰ってくるのは8時過ぎ、そこから洗濯やお風呂に入って10時、ビールを飲みながら一人晩酌して11時過ぎに寝るという感じだった。
平日はゆっくりできる時間がなかったので週末が凄く待ちどおしかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする