2015年12月29日

真澄携帯小説2353話

先輩に何回かつれてもらっているうちにボードに立てるようになった。
そうするとボードが欲しくなった。
思いきってボードを購入することにした。
そして思いきった行動をとる。
車も購入する。
これでいつでも自分でサーフィンにいける。
車は150万ぐらいした。
月に三万円、年二回のボーナス時に7万円の年50万の三年ローンで購入することにした。
ボードをつめるように、上に台を設置して、後ろのトランクにはポリタンクに水をいれた簡易のシャワーを設置した。
仕事以外はサーフィン中心の生活をすることにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする