2016年01月06日

真澄携帯小説2361話

井上さんが説明してくれた。
「これはジャコウネコの糞からとれた豆なんだよ」
「まじですか」
「ジャコウネコにわざと珈琲の豆を食べさせるんだよ。そこで消化できずに糞から出てくるんだよ。それを集めて処理したのがジャコウネコ豆のコーヒーなんだよ。希少価値が高く普通の豆の10倍の値段がするんだよ。ホテルだと一杯8000円する所もあるんだよ」
安川は珈琲より井上さんの語尾の「だよ」がすごく気になってしまった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする