2016年01月07日

真澄携帯小説2362話

ジャコウネコの珈琲を戴く。
高いというのを聞いて飲むとすごく美味しく感じた。
人間ってすごく単純なものだと思った。
お金持ちというと、すごい賢い人だと思うのと同じかもしれない。
勉強して資格をとり起業してお金持ちになったかもしれないし、運よくロト7に当たった人かもしれない。
お金持ちイコール賢いとなってしまう。
高い珈琲イコール美味しいとなってしまうのだ。 人生初のジャコウネコ珈琲をいただいた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする