2016年01月28日

真澄携帯小説2383話

「ビジネスホテルを拠点に散歩をしてみる。駅の前や道沿いの看板を見つける。そして読んでみる。そうすると何かがあるんだよね。道が街道であったり宿場町であったり。大きな街に行くとお城があったりする、今はなくても城跡だったりするんだよね。お城は今の県庁のような感じで、日本全国にあったわけだもんね。看板などが見つからなければ大きな国道を見つけるのもいいかもね。ボーリング場があったりする。東京にはなかなかない、土地をふんだんに使ったボーリング場、考えればすごく贅沢なんだよね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする