2016年02月05日

真澄携帯小説2391話

「靴も今のように靴底にエアーが入ってないもんね。足袋や、わらじや下駄だもんね。それで歩いていたんだもんね。冬でもわらじだもんね。それで荷物を持って山を越える。大名やお姫様を籠に乗せて、担いでいた人は物凄い体力だったんだろうね。今のどんなアスリートも同じことはできないだろうね。筋力だけを単純に比べたら現代のほうが上だろうけど、担いで移動するといったことは昔の人のほうが上だっただろうね。一流マラソンランナーもわらじをはいたら思ったタイムはでないだろうね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする