2016年03月11日

真澄携帯小説2426話

ゆりさんと話し込む。
営業中は二人で話し込むことはほとんどなかった。 しっかり話しを聞くと、ゆりさんは大変そうだった。
安川も正直、思っていた理想と実際の生活にギャップを感じていた。
ゆりさんが言った。
「二人でどっかに行かない」
「行こっか」
二人は意気投合した。
安川はスナック「やすちゃん」を閉めることにした。 一時的に閉めるということでなく完全に閉めることにした。
スナック「やすちゃん」は一年間の営業を持って閉じることになった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする