2016年04月01日

真澄携帯小説2447話

ホテルの部屋でボーとする。
なかなか時間が過ぎない。
安川は体を動かすことにした。
ユリも一緒に体を動かす。
部屋が広いので充分体を動かすことができた。
腕立てをしたり、スクワットをしたり腹筋をしたり、その場で足踏みをしたり、それを何回も繰り返す。 ユリがスマホで音楽を流してくれた。
音は小さいが部屋で聞く分には充分であった。
1時間半ほど体を動かし続けた。
かなり汗をかいた後にシャワーに入るとかなり気持ち良かった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする