2016年05月03日

真澄携帯小説2479話

二見シーパラダイスをあとにして、これからどうしようとなる。
今日泊まる宿を探さないといけない。
どこに泊まろうか、車を走らせていると、相差という町を通った。
相差(おうさつ)という町だった。
相差の看板には海女と漁師のまちと書かれていた。 車で町に入る。
民宿が何軒かあった。
とびこみでいけるか、安川は聞いてみる。
大丈夫ですよと、今日いきなりの宿泊ができる民宿があった。
さっそく車を駐車場にとめ民宿に入ることにした。 今日たまたまキャンセルが出たようだ。
なんというラッキーだろう。
日がくれる前に泊まる場所が見つかり二人はほっとするのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする