2016年05月09日

真澄携帯小説2485話

そういったものの安川は面白いと感じた。
紀伊半島、ここを南に進みぐるっとまわって大阪まで行ってみるのもいいかなと感じはじめた。
「行ってみる?」
「うん」
こうして次の旅は紀伊半島ぐるりの旅に決まった。 次の日の美味しい朝食を食べて相差を後にした。
とにかく車で走り続けよう。
伊勢に向かい勢和多気の分岐で南の方に向かい紀伊長島を目指すのであった。 ここで高速はきれておりこっから完全な下道であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする