2016年08月05日

真澄携帯小説2573

ユリが安川にラッキーについて語る。
「実力ということも実はラッキーの一つだと思うよ。大きなラッキーの上に実力があるんだと思うよ。考えてみたら産まれてこないと頑張りたくても頑張れないもんね。もちろん産んでくれたことに感謝しかないんだけどね。産んでくれた親も元々は産んで貰ったんだもんね。実力というのは、そういう感謝の上で成り立ってるんだと思う。宝くじが当たったそのラッキー、そのことを単なる運という風に思わないで、大きな運命と思う方がいいように思うよ」
安川はユリの言葉をなるほどと聞いている。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする