2016年08月10日

真澄携帯小説2578

出石そばの特徴として、小皿に出してそれを食べるというのが特徴である。
五枚を一組が一人前という感じである。
もともと、屋台で出すときに持ち運びに便利な手塩皿に蕎麦をもったのが始まりだそうだ。
出石焼きが始まり白地の小皿に盛るようになったそうだ。
出石焼きというのを知り、安川は出石焼きに物凄く興味が出てきた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする