2016年10月22日

真澄携帯小説2650話

ジェラートはいろんな種類があった。
安川はアイスは昔からバニラ系が好きだった。
シャーベット系はあまり好きでなかった。
ユリはシャーベット系が好きだった。
熟考した結果、安川は塩ジェラート、ユリはみかんジェラートにすることにした。
このどちらもしまなみ海道の島の名物だそうだ。
二人はジェラートを受け取った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする