2016年10月24日

真澄携帯小説2652話

さらに道を進む。
右にビーチが広がってきた。
瀬戸田サンセットビーチというビーチだった。
サンセットビーチということは西に太陽が沈んでいく。
夕方は海がオレンジに光り最高なんだろうと想像する。
しかしここで黄昏ている場合ではない。
さらに進む。
多田羅大橋が見えてきた。
みかん畑を見ながら多田羅大橋に到着する。
多田羅大橋を進んでいると橋の途中で広島県から愛媛県になった。
かなり進んで来たんだと実感するのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする