2016年10月31日

真澄携帯小説2659話

ユリが今治タオルの値段を見る。
値札には5000円と書かれていた。
他のタオルの値札を見る。一万円と書かれている。二万円というのもあった。 今治タオルの値段の相場というのをそこで知ることになった。
ユリが何かを思い出したような顔をした。
ユリは昔にお祝い返しに今治タオルを貰ったことがあった。
あのタオルそんなに高かったんだと今気づいたのだ。
ここのショップに来て良かったと、ユリは思うのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする