2016年11月04日

真澄携帯小説2663話

車でしまなみ街道を走り、松山に向かう。
車は何と楽なことか。
自転車で走ってみて車で走るとその有り難みが余計にしみるのであった。
考えたらあの鉄の塊を動かしているのである。
ガソリンのパワーってとんでもないんだなと感じる。
また舗装された道を作った人のすごさを感じるのである。
今治を通過して車は松山に向かう。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする