2016年12月13日

真澄携帯小説2701話

長平が土佐へ帰還した時、村の人は唖然としている。
それもそうである、その時、長平の13回忌が営まれていたのである。
亡くなったはずの長平が帰ってきたのである。
村の人は事実を知り大喜びした。
土佐藩から野村という姓を名乗ることを許された。 その後、長平は漂流の体験談を各地で語り、金品を得て妻子にも恵まれ60歳の生涯を全うしたらしい。
墓石には無人島というあだ名が刻まれたという。
ジョン万次郎記念館に立ちよった安川とユリはウィキペディアで野村長平のことまで調べて当時をイメージするのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする