2016年12月25日

真澄携帯小説2713話

室戸岬、よく聞く名前だが来たことはなかった。
どこで聞いたのか、思い出す。
小学校の時の避難訓練だった。
台風が上陸してきたので、みんなで一斉下校をするという避難訓練なのだが、授業中にスピーカーがなる。
「巨大な台風何号が室土岬から上陸してきました。今から一斉下校をします。荷物をまとめて先生の指示を聞いてください」
という避難訓練で聞いた名前であった。
小学生の時に六回経験していることになる。
その避難訓練の記憶が安川の頭にしっかり残っていたのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする