2017年01月03日

真澄携帯小説2722話

安川は、たこ助さんと話しをする。
「芸人さんとお店の両立ってできるんですか?かなり大変そうですね」
「楽しんでやってるからそうでもないですよ。ただ朝は早いですね。朝の四時からうどん練ってますからね。終わって朝のラジオの生放送にでる、そっから舞台があり、打ち合わせをして11時に帰ってくる。もうくたくたですね」
「バテないですか?」
「生ニンニクをラーメンに入れて食べてるんですよ。それは効きますね」
「うどんじゃないんですね」
思わず安川はツッコンでしまった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする