2017年02月26日

真澄携帯小説2776話

今まで何度も泊まってきたが、結婚を決めてから泊まるとまたまったく違う景色が見えた。
朝起きた時に、覚めない夢があった。
隣に寝ているのは、もうすぐ夫になる人である。
旅館で朝食を頂く。
さすがに高級旅館である。
朝食から豪華である。
焼き魚が出ているが、その魚は本格派である。
一口食べるだけで口の中に日本海が広がるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする