2017年04月01日

真澄携帯小説2810話

浜松を満喫して東に向かう。
次に向かったのは沼津であった。
新幹線の駅でいうと三島になる。
三島から在来線ですぐに沼津につく。
安川達は車で向かう。
伊豆半島の西の付け根が沼津、東の付け根は熱海である。
熱海は温泉があるので観光客が沢山集まる。
安川の親世代は新婚旅行といえば熱海だったそうだ。
もちろん安川の両親も熱海に新婚旅行に行ったそうだ。
あのころはドルが高かったので海外にいくというのはなかなか難しかったのだろう。
熱海の街はとんでもない活気で溢れていたそうだ。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする