2017年04月08日

真澄携帯小説2817話

そして食感の後は油が口の中に広がってくる。
一噛みごとに油が口に広がる。
昔漁師さんが言っていたことが今になって思い出される。
「一番美味しい魚は鯖やで」
その時はいまいちよくわからなかった。
今はその漁師さんが言ってることの理由がよくわかった。
鯖の刺身をいただく、そしてウイスキー白州をいただく。
白州は魚との相性も抜群であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。