2017年04月15日

真澄携帯小説2824話

安川はまずスロットをする。
北斗の拳のスロットをする。
100円を投入する。
回してみると、どうやら低確率のようだ。
ここから高確率ゾーンに入れたり、飛び込みでビッグをひくのはかなりの作業である。
あっという間にクレジットがなくなる。
これはあくまでもゲームセンターのスロットである。
取り戻すことはできない。
スロットは不利だと思いパチンコの台に変わることにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする