2017年05月14日

真澄携帯小説2853話

ルームシェアが以外に皆が一緒にならないのに気づいた。
それぞれ忙しいのである。
イメージしてみたがまだ探したいというのがあった。
イメージを大幅に変えてみることにした。
七輪で、鍋をしたり魚を焼いたりできる物件がないかを調べることにした。
夕方に七輪でスルメを炙りながら飲む。
そんなことができる物件を探すことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする