2017年05月29日

真澄携帯小説2868話

キャンピングカーを考える。
では必要な物は何だろうか。
布団と枕である。
皿とコップと箸。
着替え。
これぐらいで問題なかった。
本当に必要になれば買いにいけばいいとなる。
最低限の荷物でキャンピングカーで生活をする。
必要なのは、ガソリン代金と日々の食費である。
家賃は必要なかった。
あとは何をするかである。
すでに車でかなりの旅をしている安川にはただ走るだけでは満足いかなかった。
旅というか生活することに意味があるのでないかなと感じるのであった。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする