2017年06月26日

真澄携帯小説2896

お客さんと安川は日本酒について語りあった。
お客さんの名前は、サチコさんという名前だった。 サチコさんの日本酒についての知識はすごかった。 安川も日本酒のことをしっているようで理解していなかった。
それをサチコさんは分かりやすく説明してくれた。安川は日本酒のことを知っているつもりだったが銘柄を知っているだけでその製造過程についてはまったく知識がなかった。
日本酒は蒸留酒ではない、その蒸留酒のことも安川は理解していなかった。
続く


posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。