2017年07月06日

真澄携帯小説2906

さちこさんの後をついていくのだが、さちこさんの後ろ姿が美しかった。
本当に美しい人は後ろも美しいんだと思った。
あと、さちこさんは自分のことを信頼してくれてるんだと思った。
後ろを見せるということは危険である。
背後をとられるとかそういう使い方をされるから、その背後をとらせるということは信頼を得るということだと思った。
さちこさんの後ろについて廊下をあるくのだった。 続く
posted by サバンナ八木 at 08:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする