2017年08月19日

真澄携帯小説2950話

サトシ君や、誠君はミュージシャンや政治家を目指すという一面、バイトをしなければならないという一面も持っていた。
ある意味、ミュージシャンに費やす時間より、バイトに費やしてる時間のほうが長かった。
その点、スリーはバイトをしていなかった。
デイトレーダーだけで一日を過ごしていた。
それがスリーの目指した形かどうかわからない。
食べるためなのか、目指した形なのか。
スリーはリビングにほとんど出てこないので皆も聞くことができなかった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

真澄携帯小説2949話

こうへいが、サトシ君にこのシェアハウスの住人は以上のメンバーかと聞く。 「まだ会ってない人いるよ。ほとんど部屋にいて出てこない人もいるんだよ」
「出てこないって、あの狭い部屋からですか?何をされてるんですか?」
「ちらっと見えた瞬間があったんだよね。たぶんデートレーダーなんだ」
「でもデートレーダーって證券取引ができる昼の3時ぐらいまででしょ?」
「いやFXもやってそうなんだよ、だから24時間なんだよ」
どうやら部屋から部屋から出ないデートレーダーも住んでるそうだ。
みんなは部屋番号からその人を「スリー」
と読んでいた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

真澄携帯小説2948話

こうへいはシェアハウスの住人と顔を合わせ、とりあえずほっとした。
考えてみれば東京に来てから人と話すことはほとんどなかった。
これからカラオケのバイトで人と沢山話すことになりそうだが、
「いらっしゃいませ」
「お部屋はあちらです」
「お時間15分前ですが延長されますか」
そういう店員としての会話になりそうである。
バイト以外で話せる仲間ができた。
ワンルームでなくシェアハウスを選んで本当に良かったと思った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

真澄携帯小説2947話

リビングにさらに一人現れた。
女性である。
自己紹介すると返してくれた。
「ゆうこっていいます。女優目指しています」
綺麗な女性だった。
クラスにいると断トツに人気がでるタイプである。 学年でも一番かもしれない。
「将来的には映画に出たいと思ってるのよ。あとはテレビのドラマ。ただ今は沢山女優がいるのでなかなかチャンスがないのよ。でもいつかチャンスは回ってくると思うの。そのために今は全力で舞台を頑張るの」 こんなに綺麗でもなかなかチャンスがつかめないんだ。東京という街のシビアさに驚くのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

真澄携帯小説2946話

こうへいが聞く。
「どっかの政党に入り秘書とかされてるんですか?」 誠君は説明してくれる。 「まだそういうのはしてないんだよ。今はまだ勉強の時期やねん。だから本や新聞を読んだりしたり、国会中継を見たりしてるんだよ。いずれ秘書とかになりたいんだけどね。今はバイトしながら勉強だね」
サトシ君もミュージシャンをしながらバイト、誠君も政治家を目指しながらバイト、そして自分は有名になることを目指しバイト、はたからみるとフリーターの集まりである。
ただ自分達には夢がある、そんな仲間に囲まれたシェアハウス、こうへいは東京という得体の知れない街で少し安心できた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

真澄携帯小説2945話

誠君は力説する。
「僕は鍵をかけない世の中にしたいんだ。みんな絶対にちゃんとしていれば鍵がいらなくなるんだよ。自転車の鍵もロッカーの鍵も家の鍵も。ロッカーもいらないかもしれない、そのまま置いておけばいい。パスワードも必要ない、絶対に人のものを見ないんだから。コンサートのもぎりも必要ない、チケットを持ってない人は入らないんだから。スーパーのレジも自分ですればいい。すごくスムーズな世の中になると思うんだ」
こうへいは誠君の話をただただ聞く。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

真澄携帯小説2944話

誠君の話を聞く。
誠君は政治家を目指しているそうだ。
政治家って今まで、親が政治家で地盤を受け継ぐ、官僚から経験をいかし政治家になる、タレントやアスリートから抜群の知名度で政治家になる、というパターンしかないと思っていた。
まったくコネなし、官僚経験なし、知名度なしで政治家になろうとしている。 それに驚いた。
誠君は自分が政治家になったらとろうとする政策を一生懸命語ってくれた。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

真澄携帯小説2943話

サトシ君の曲を聴かせてもらい感想を話していると、リビングに男性が入ってきた。
ルームメートの人だろう。
サトシ君は「おかえり」という。
こうへいは挨拶をする。 男性は挨拶を返してくれ、丁寧に自己紹介してくれた。
「私は、誠と申します。明るい住みやすい世の中になるように目指してます」
そっから誠君の話は続いた。
どうやら誠君は政治家を目指しているようだった。 いろんな人が集まっているシェアハウスなんだと実感するのだった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

真澄携帯小説第2942話

サトシ君の新曲を聞く。 「さらば、さらば、昨日までの自分とサヨナラ。グッバイ、yesterday、カモーン、トゥデイ」
サトシ君は自分のためだけに歌ってくれている。
それだけで充分だった。 歌い終わってから感想を聞かれたが、「めっちゃ良かった」と言う以外の選択肢はなかった。
「具体的に何処が良かった?」
と聞かれたので、
「カモーントゥデイの所が良かった」と答えた。
サトシ君は、こいつわかってるなという顔をして上機嫌だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

真澄携帯小説第2941話

サトシ君というルームメートができた。
サトシ君と話す。
サトシ君は、プロのミュージシャンを目指し、東京に来たそうだ。
高校の時にバンドを組んでいたが、サトシ君がプロを目指して東京に行こうと誘ったが、就職したり大学に進学したりと、それぞれの道を進むと言われ解散したそうだ。
今はバンドメンバーを探しながら、一人でも活動しているそうだ。
周りのみんなを後悔させるために、売れるまで地元に帰らないと決めているそうだ。
サトシ君はできたばかりの新曲を歌ってくれた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

お知らせ

なかやまきんに君と筋肉友達の大爆笑ライブ

きんに君のライブに出させて貰います。
きんに君と新ネタ、漫才とクイズネタやります。
良かったら来てください。

J-POP CAFE渋谷
2017年8月25日(金)
17時30分開演
18時30分終演
一時間のイベントです
前売り 1000円
当日 1200円です。
お問い合わせ
チケットよしもと

宜しくお願い致します。
posted by サバンナ八木 at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真澄携帯小説第2940話

バイトも決まり、シェアハウスに帰る。
スーパーで、カップメンとオニギリとトマトを買い帰ることにした。
トマトは心持ち、野菜も食べた方がいいのかなと食べているのである。
帰るとリビングには、まだギターを持った人がいた。
ギターを持っているのだが弾いているわけではなかった。
「初めまして、今日からここのシェアハウスに住むことになった、こうへいです。さっきもお会いしたんですが、まだ正式に契約してなかったんで挨拶するのも可笑しいかなと思って、宜しくお願いします」
「おれ、サトシ、宜しく」 そういって握手の手を出してくれた。
僕はしっかりとその手を握った。
初のルールメイトができた瞬間だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

真澄携帯小説第2939話

カラオケ屋さんに入りカウンターの店員さんに店長おられますかと、たずねる。
「私が店長です」
というラッキーな言葉を貰う。
こうなると話ははやい。 どうしてもここで働きたいということを伝える。
どれぐらい入れるのと聞かれたので、どれぐらいでも入れますとアピールする。
「うちは時給安いけど大丈夫?昼は900円だよ」
その額に驚く。
まったく安くない。
東京とはそれぐらい全体の時給が高いのだ。
「履歴書は持ってるの?」 と聞かれすぐに履歴書を出す。
店長は目を通し
「じゃあ働いてもらうね。次のシフトから組み込むから連絡するね。一回目は説明とかあるから1時間早く入って貰うね」
住居に加えバイトまで見つかり、東京での生活が本格的にスタートすることになった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

真澄携帯小説第2938話

住む部屋は決まったが、それ以上はまだまったく決まっていない。
漠然と有名になりたいと東京に出てきたがそれ以上は何も決まっていなかった。
パチンコ屋さんで貯金はしたがすぐになくなってしまう。
まずバイトを探さないといけなかった。
駅前にそういやカラオケ屋さんがあった。
本当はバイト雑誌で調べるほうがいいんだろうが、飛び込みで聞いてみることにした。
駅前のカラオケ屋さんにいく。
入るなり「いらっしゃいませ」と言われた。
これからそっち側の人間になろうとしている自分がらすると、勿体ない言葉に聞こえた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

真澄携帯小説2937話

リサイクルショップの方にベッドを運んで貰い、部屋に入れ込んだ。
そして買ってきたばかりの布団をひく。
これで引っ越しは完了である。
洗濯機や冷蔵庫はリビングにあるし、冷暖房は予めついていた。
服や歯ブラシなどはカバンにつまっている。
これでこのシェアハウスの生活がスタートしたのである。
とりあえず、この右も左もわからない東京で住む場所だけは決まったことに少し安心した。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

真澄携帯小説2936話

リサイクルショップに入る。
中に入ると奥行きがあった。
冷蔵庫や洗濯機が多かったが、奥のほうに二段ベッドがあった。
価格は15000円だった。
即決で買うことにした。 しかも近所だというと運んでくれるという。
二段ベッドを手にいれ、続いて布団である。
帰るまでの通り道に布団屋さんがあるので、それものせてあげるよとなった。 なんていい人、なんていい店なんだ、次何かあればここで買おう、もし何がいらないものができたらここで売ろうと思った。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

真澄携帯小説2935話

契約の手続きをリビングで済ませた。
こうへいは全ての荷物をまとめて持ってきていたので、契約に必要な物は全て揃っていた。
不動産屋さんの方に一通りルールを聞いて、後は別に管理人がいるので聞いてくれという感じだった。
とりあえず布団だけ買いに行くことにした。
せっかくなので二段ベットが欲しい。
一階はリビングのように使い、二階をベットにする。
それがこの狭い部屋ではいいだろうとイメージした。
駅から歩いてくる時にリサイクルショップがあったのを思い出した。
そこに向かうことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

真澄携帯小説2934話

こうへいは、この物件が凄く気に入った。
あとは家賃である。
家賃を不動産屋さんに聞く。
「共益費込みで4万円です」 こうへいはこの物件に決めることにした。
4万円だとバイトで家賃と生活費を払っていける。
そして、今すぐに入らせて貰うように交渉した。
ホテルに泊まっており荷物もない。
布団さえ買ってくればこのままこのマンションの生活がスタートする。
不動産屋さんは融通のきく人で今からこの部屋は自分の部屋になった。
こうして、こうへいの東京での生活がスタートしたのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

真澄携帯小説2933話

リビングには男性が一人いるだけだった。
昼前だったのでほとんどでかけられているのだろう。
逆にこの平日にリビングにいる男性は何をしている人なのだろう。
リビングの横にキッチンがあり、大きな冷蔵庫があり開けてみると、食材に名前がかかれていた。
リビングが一階で上の階が部屋になっていた。
空いている部屋を見せてもらう。
2畳ぐらいの部屋である。 ベッドを置くとそれでほとんどおわってしまう。
そんな部屋だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

真澄携帯小説2932話

物件の前で不動産屋さんの人と待ち合わせをする。 物件の前につくと、スーツを着た茶髪の方が待っていた。
不動産屋さんの方だった、名刺を貰う。
さっそく中を案内して貰うことにした。
ここはシェアハウスなので既に住人の方がおられる。
なのでなるべくそっと迷惑をかけないように短時間で案内をしたいということだった。
今、入居者が出ていき、一つだけ部屋が空いているらしい。
リビングに入らせて貰う。
思ったより広い。
そらそうか、一人で住む訳じゃない、多人数で住むとなるとこれぐらいの広さは必要か、一人暮らしも初めて、しかもシェアハウス、広さに対する基準が自分の中で曖昧だった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする