2017年08月03日

真澄携帯小説2934話

こうへいは、この物件が凄く気に入った。
あとは家賃である。
家賃を不動産屋さんに聞く。
「共益費込みで4万円です」 こうへいはこの物件に決めることにした。
4万円だとバイトで家賃と生活費を払っていける。
そして、今すぐに入らせて貰うように交渉した。
ホテルに泊まっており荷物もない。
布団さえ買ってくればこのままこのマンションの生活がスタートする。
不動産屋さんは融通のきく人で今からこの部屋は自分の部屋になった。
こうして、こうへいの東京での生活がスタートしたのである。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする