2017年08月29日

真澄携帯小説第2960話

スマホで調べながらYouTubeのチャンネルを開設する。
「ユーチューBAR」
を開設することができたがよく考えると、誰もユーチュバーの知り合いがいてない。
どうしていくか。
そこで最初のお客さんは、シェアハウスのルームメートである、ミュージシャンのサトシ君に出て貰うことにした。
撮影する場所はシェアハウスのリビングで撮ることにした。
ビールの空缶をテーブルに置き雰囲気を出すことにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする