2017年09月21日

真澄携帯小説2983話

ペリーさんに沢山の話を聞くことができた。
そのことに、一番驚いたのがミュージシャンのサトシだった。
「よくあの人から話を聞くことできたね、ペリーさんっていうんだね。それならさ、ユウダイさんからも話を聞いてきてよ」
ユウダイさんという初めて聞く名前が出てきた。
「正直、ユウダイはちょっと怖いんだよね。ちょっとそっちの業界の人かなと思うぐらい怖いんだよ。聞いてきてよ」
ユウダイさんという怖い人がまだこのシェアハウスには住んでいるのか。
コウヘイはユウダイさんにインタビューすることにした。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする