2017年10月27日

真澄携帯小説3019話

次郎さんは語る。
「恋愛の好きという気持ちはどういう感覚なんでしょうね。科学的にみてもいったい何が起きてるんでしょうね。好きという感覚と、下心はまた違いますもんね、ただその両方を含んでいることもありますもんね。そこらへんの辺りは本人自体、自分でわかってなかったりもしますもんね。当然相手はよくわからないですもんね。そしてその気持ちは日々動いていく。未来、科学的に好きという数値が表せる日がくるかもしれないですね。でもそれはとてもつまらないですね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする