2018年01月11日

真澄携帯小説3094

次郎は語る。
「仮想通貨はどうなっていくか、本当に誰もわからない状態なんだ。上がり方でいうと、もうとんでもない上がり方をする。例えば10万円で10円の通貨を1万枚買ったとする。その通貨が100円になれば100万円、1000円になれば1000万円、1万円になれば1億円になる。そういう値上がりを夢をみる。ただ取引所がサイバーテロにあい破綻するリスクもあるかもしれない。メリットとデメリットがよみきれない、今はそんな現状なんだよ」
彩月はちょっとやってみたいと興味が出てきた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真澄携帯小説3093

彩月は次郎に疑問をぶつける。
「じゃあ、みんなもっと仮想通貨を買えばいいんじゃない?」
次郎はニヤリとする。
「確かにそうだね。やはり怖いのはその裏付けだと思う。もともとは何もない、パスワードのようなものを取り合っているだけである。いろんなリスクが存在する。暴落する以前にとられるということがありえる。これは実際におこったもんね。マウントゴックスという取引所からビットコインが消失したという事件が2010年に起こった。そういうことがあり得るというのは事実なんで、みんな怖がるよね」
続く
posted by サバンナ八木 at 09:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする