2018年02月02日

真澄携帯小説3115

社内から桜島が見える。 こうして、桜島を見ると、火山というものの存在を改めて感じることになる。 地球の中にはマントルがある。
それがマグマとして吹き出してきているのだろう。 ではマントルよりもっと中心はなんだろう。
調べてみる。核というのがあるらしい。
その核の温度は6000度にもなるらしい。
いろんな博士が推測して、かなり正確な予想なのだが、最終的にはわからない。
でもその核を中心とする地球にこうして立っているのは事実である。
桜島を見ながら地球の中身を考えるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする