2018年03月09日

真澄携帯小説3150

ガタンという音がした。 ついに到着した。
すぐに降りることができた。
ここでもビジネスは強い。
手荷物を受け取り、入国審査を受ける。
無事入国することができた。
空気が違う。
ハワイの空気が流れている。
なんだろう、ちょっと甘い香りがする。
人の家に入った時にその家の香りがあるように、ハワイに入るとハワイの香りがするのである。
ずっといると慣れてしまうが、空港に到着した時にそれを一番感じるのであった。
香りと同時に暖かさも感じるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする