2018年06月04日

真澄携帯小説3236

円山川から温泉町に入る。
一気に旅館やお店が増えた。
城崎温泉に到着である。 駅前からさらに進み、川沿いに進むとその旅館はあった。
城崎温泉は1400年前に湯が出たそうだ。
そしてこの旅館は150年の歴史がある。
その旅館の特別室を富豪はおさえてくれていた。
庭が見えて、部屋に露天風呂もある。
考えてみれば城崎温泉には7つの外湯がある。
この旅館にも三つの大浴場があり、さらに部屋に露天風呂。
どのお風呂に入ろうか迷ってしまう。
ちなみにタクシー代金は13万円であった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする