2018年06月11日

真澄携帯小説3243

食事の時間がやって来た。
昼御飯のノドグロ焼きを食べたのが遅かったので、そこまでお腹はすいていなかったが、とりあえず、飲みながら食べようとなった。
今はドラフトビールというのが人気である。
その土地の独自の配合で独自のビールをつくっている。
城崎にもドラフトビールがあった。
せっかくなのでドラフトビールで乾杯をした。
温泉からあがったあとのドラフトビール、体に染み込んでいった。
posted by サバンナ八木 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真澄携帯小説3216

食事の時間がやって来た。
昼御飯のノドグロ焼きを食べたのが遅かったので、そこまでお腹はすいていなかったが、とりあえず、飲みながら食べようとなった。
今はドラフトビールというのが人気である。
その土地の独自の配合で独自のビールをつくっている。
城崎にもドラフトビールがあった。
せっかくなのでドラフトビールで乾杯をした。
温泉からあがったあとのドラフトビール、体に染み込んでいった。
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする