2018年06月26日

真澄携帯小説3258

ベニスビーチからハリウッドに向かうことにした。 タクシーで向かうとハリウッドサインという、ハリウッドと書かれた看板がある丘が見えてきた。
そして、そのあとにグローマンズ チャイニーズシアターという劇場があった。そこの敷地内に有名人の手形が沢山あった。それを目当てに観光客が沢山くるのだった。
その手形を見て富豪は言った。
彼は、よく家に遊びにくるよ。彼はご近所さんだ。 だいたいの人は知り合いのようだ。
ハリウッドが初めてのユミに丁寧に富豪は案内してくれるのであった。
続く
posted by サバンナ八木 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする