2018年06月28日

真澄携帯小説3260

ビバリーヒルズの豪邸の中でも富豪の家は別格であった。
車は車庫にとめられた。 そして、その横にはヘリがとまっていた。
信じられないことだが、その横に滑走路があった。 とんでもない大きな倉庫があった。
ジェット機がとめてあるのだろう。
自家用ジェットを所有していた。
車庫に車をとめ、家に向かう。
芝生を歩いて行くと大きな扉があった。
富豪が扉の前に立つ。
扉は開いた。
眼球で認証させているのだろう。
ハイテク機器が使われていた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする