2018年07月03日

真澄携帯小説3265

ユミと、富豪はドバイに向かう。
向かった先は、パームジュメイラであった。
パームジュメイラは世界で一番大きな人工島である。
ヤシの形をした埋め立て地である。
ヤシの片方の葉の部分で5キロである。
パームジュメイラには高級ホテル、そして世界の富豪の家が並んでいるのであった。
パームジュメイラの家は、ヤシの形をしているが根本に近い方が安く、葉の先になるほど高い。
大きさにもよるが17ミリオン、17億円ぐらいが相場のようだ。
パームジュメイラの戸建てはヴィラになっており、ペルシャ湾を眺めることができた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする