2018年07月05日

真澄携帯小説3267

パームジュメイラのヤシの先端に富豪の別荘はあった。
聞いてみると、年に数回しか来ないらしい。
豪邸が並ぶが先端の別荘は違っていた。
区画が三倍あった。
門をくぐると、駐車場があった。
そこには高級車が並んでいた。
4駆のタイヤが大きな車があった。
砂漠を走れるように買ったそうだ。
そして家の中に入る。
ビバリーヒルズの家とはまた違った感じである。 続く
posted by サバンナ八木 at 09:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする