2015年10月31日

真澄携帯小説2294話

近松はアニメ音楽をやりつつ、飲み会に顔を出し音楽業界の知り合いを徐々に増やしていった。
気がつけば東京に出てきて五年が経っていた。
25歳を過ぎてやっと音楽の仕事だけで食べていけるようになった。
アニメ音楽をやりつつ、ドラマのサントラの仕事も手伝うようになった。
その仕事を手伝うことにより、テレビ業界の人に知り合いが増えてきた。
続く
posted by サバンナ八木 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする