2015年12月27日

真澄携帯小説2351話

波を見ていると不思議な気持ちになる。
いったい波ってなんなんだろう。
昔何かのテレビで見たことがある。
月の引力で引っ張られて潮の満ち引きで波がおきる、あとは風で波がおきる、テレビでこんな説明をしていたような気がする。
考えれば宇宙に地球は一個である。
当たり前のことなんだが、改めて考えると奇跡としかいいようがないと感じる。
波を見ているとそんな地球を感じることができた。 地球を感じると仕事の嫌なことが凄く小さく感じれた。
会社員の人が週末に波をのりにくる理由がわかったような気がした。
続く
posted by サバンナ八木 at 10:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする